【生える喜び比較】

低刺激の育毛剤の見分け方は?

育毛剤の問題点として刺激を挙げる人は少なくないと思います。
特に乾燥肌の人や、頭皮に傷がある人の場合、
育毛剤は大変な刺激があるかと思います。

その刺激が我慢できずに、
育毛剤の使用をストップしてしまう人も中には居るようです。
そこで今回は低刺激の育毛剤をどうやって見分けるのか、
その辺りを考えたいと思います。

育毛剤の刺激は、エタノール(アルコールの一種)が原因

大まかな結論から先に言いますが、
低刺激の育毛剤を見付けたい場合は、成分表の最初の方に
エタノールの文字が無い商品を探してください。
育毛剤に刺激がある理由は、エタノールが主成分として利用されている
からです。

成分表は基本的に、
使用物質の量が多い方から順番に記載しています。
成分表の一覧の中で、エタノールが先にあるほど使用されている量が多いと考えられます。
エタノールが多いほど、頭皮が乾燥していたり、
頭皮に傷があったりすると大変な刺激になります。

大まかな目安として、低刺激、あるいは刺激の無い育毛剤を選びたければ、
エタノールが成分表の後ろに来ている商品、
あるいは成分表にエタノールの文字が無い商品を選ぶといい
です。

男性の育毛剤では、エタノールが重要

しかし一方で、なぜ各社が育毛剤にエタノールを入れるのか、
その理由を考える必要もあります。

特に男性の場合は、女性と違って頭皮に皮脂が多く、
衛生環境が悪化しているケースが多いです。
そうした頭皮環境で殺菌効果のあるエタノールは重宝します。
また、分厚い皮脂であってもエタノールは浸透してくれます。
エタノールがあるからこそ毛穴の奥まで有効成分が届くのです。
育毛剤にエタノールは不可欠の成分
なのです。

刺激があるから悪い育毛剤、低刺激、ノンアルコールだからいい
育毛剤という風に、単純に考えられる問題ではありません。
あくまでもご自分の頭皮環境と各商品の成分バランスを考える必要があるのです。

当サイトのランキングは、刺激と効果のバランスを重視

ちなみに当サイトの冒頭に掲載した
育毛剤ランキングの上位商品は、頭皮の皮脂が多い男性を想定しつつ、
刺激と効果の絶妙なバランスが取れた商品を高く評価しています。

最終的なランキングの順位には、刺激や効果のバランスのみならず、
価格やキャンペーン情報、べたつき、手に入りやすさ、
国際的な評価など、さまざまな項目を総合的にチェックしているのですが、
刺激と効果のバランスもランキングの中で重要視されていると補足しておきます。

「耐え難い刺激は遠慮したいけれど、少しくらいの刺激なら、
効き目を考えて我慢できる」という方には、
最適のランキングになっているかと思います。

成分表に目を通しながら1商品1商品チェックする手間を省きたい場合は、
ぜひともランキングを参考にしてください。