【生える喜び比較】

シャンプーの上手な組み合わせ方

シャンプーと育毛剤の組み合わせに注意する人は多いかと思います。
せっかく育毛をするので、シャンプーにも育毛効果のある製品を使い、
Wの効果を考える方も居るはずです。

そこで今回は、シャンプーと育毛剤の組み合わせや関係について、
考えてみたいと思います。

シャンプーはシャンプー、育毛剤は育毛剤で考える

結論から先に言いますが、シャンプーはシャンプー、
育毛剤は育毛剤と別個で考え、それぞれに余分な役割を求めないでください。

育毛剤をリリースしているメーカーが、関連商品の育毛シャンプーを
リリースしているケースがありますが、基本的にその手の関連商品は、
マーケティングや販売戦略のためにリリースされているだけです。
本当に育毛に効果があるかは別の話です。
脱毛は、いろいろな原因で起こります。AGA「男性型脱毛症」の人も居れば、
円形脱毛症やフケによる脱毛、ストレスで自分の髪の毛を抜いてしまう
心の病気に苦しむ人などいろいろです。

そのような背景があるので、シャンプーと
育毛剤の関係も一概には語れないのですが、中年男性の薄毛の大部分を占めているAGAの場合、
シャンプーはあくまでも頭皮環境を清潔に保てれば、それ以上に期待しなくて大丈夫です。
男性ホルモンの働きが強くなった頭皮環境の改善は、育毛剤で行なえばいいのであって、
シャンプーはあくまでも頭皮が清潔になれば十分なのです。

「では、どんなシャンプーを選べばいいのか?」
と、気になる方も居るはずですが、
"髪の毛と頭皮が奇麗に洗える"
というシンプルな目的が達成できれば、どんな商品でも構いません。

シャンプーは、できるだけシンプルなロングセラー商品を

今回の記事を執筆するにあたり、
付き合いのある皮膚科医にも意見を求めましたが、
「シャンプーは何でも構わない」という裏付けの言葉をもらいました。

逆に洗浄効果以外の目的を持ったシャンプーの方が、
頭皮環境に刺激的過ぎる場合もあるとの話です。

シャンプーの銘柄にこだわるよりは、
頭の洗い方に注意をした方がいいです。
正しい頭の洗い方は「育毛剤の上手な使い方」で紹介致しました。
詳しくはそのページを確認していただきたいのですが、

  • 1. 洗う前にくしを通す
  • 2. 適温のお湯ですすぐ
  • 3. シャンプーを手のひらで泡立ててから髪に移す
  • 4. 爪を立てて洗わない
  • 5. しっかりとすすぐ

といった、基本的な髪の毛の洗い方を最初にマスターしてください。
シャンプーで頭皮を健康に清潔に保ち、育毛成分は育毛剤で補うのです。
いろいろな成分が含まれたシャンプーは、コストも高くなります。
無香料・無着色、シンプルで息の長いベストセラー商品のシャンプーで構いません

「シャンプーにはシャンプー本来の効果以外は求めない」
という鉄則を、シャンプーと育毛材の関係を考える上で、心得てください。
その代わり、育毛剤に関しては冒頭のランキングで示したような、
しっかりとAGAに対処できる本格的な育毛剤を使用してください。シャンプーだけでは、
AGA「男性型脱毛症」は食い止められません。