【生える喜び比較】

上手な使い方

育毛剤を使う以上は、上手な使い方を覚えたくはありませんか?
特にAGAに効果的な育毛剤となると、それなりの値段がします。

最後の1滴まで効果的に使いたいと考える方がほとんどだと思います。
そこで今回は、上手な育毛剤の使い方を考えたいと思います。

正しい育毛剤の使い方は、正しい洗髪にある

大まかな結論から先に言いますが、正しい育毛剤の使い方をマスターしたい場合は、
最初に正しい頭の洗い方を覚えてください。
正しい育毛剤の使い方は、
正しい洗髪とセットになっています。

頭や髪の毛を正しく洗えれば、その分だけ育毛剤の効果も増します。
冒頭のランキングで掲載したような育毛剤であれば、
どれも効果は最初から折り紙付きです。
後は最大限にその効果が発揮できるように、以下に記した
シャンプーのやり方を覚えてください。

1. 洗髪の前はくしを通す
髪の毛が絡まったまま洗うと、抜け毛の原因になります。髪の毛を洗う前は、頭皮を傷付けないように注意しながら、くしを丁寧に通してください。
2. お湯ですすぐ
お風呂に入ったら、ぬるま湯で十分に髪の毛をすすいでください。大まかな汚れを最初にお湯で落とします。ちなみに熱過ぎるお湯も頭皮に負担が掛かるので、温度設定には注意してください。
3. 手のひらでシャンプーを泡立ててから髪に乗せる
髪の毛の上でシャンプーを泡立てるのではなく、手のひらで泡立ててから髪に移すイメージで洗ってください。髪の毛の上で泡立てようとすると、どうしても頭皮を強くこすらなければいけなくなります。髪の毛に負担が掛かるので、シャンプーの液は最初に手のひらに受けてください。
4. 爪を立てずに洗う
頭皮を強くこすり過ぎたり爪を立てて洗ったりすると、フケや傷の原因になり、抜け毛が増える要因にもなります。指を寝かせ、指のはらで優しく頭皮を揉むように洗ってください。
5. 両サイドから頭頂部へ、最後に頭頂部を洗う
頭を洗う順序として、両サイドや後頭部の上を指のはらで洗い上げていき、全ての皮脂や汚れを頭頂部に集めるイメージで手を動かしてください。最後に頭頂部を両手の指で洗って完了です。
6. 十分にすすぐ
シャンプーが残っていると、頭皮や髪の毛の負担になります。全体を十分にすすぐだけでなく、手のひらの小指側を手刀のように頭部にあて、手でダムを作るようにお湯をため、タプタプと頭皮を叩いてください。 美容師や理容師が行なうプロのすすぎ方ですが、シャンプーが奇麗に流れ落ちます。
7. 乾かす
ドライヤーを使って、十分に乾かしてください。濡れたままの頭を放置していると、頭皮の環境が悪化します。フケやかゆみなどの原因にもなるので、熱過ぎない温風で、しっかりと乾かしてください。
8. 育毛材を付け、十分に揉み込む
この段階で、育毛剤を使用します。さっぱりとした髪の毛と頭皮に、育毛剤を使用して十分に揉み込んでください。 揉み込む方法ですが、髪の毛の洗い方と一緒で、側面や後頭部から徐々に揉み上げていって、最後は頭頂部を両手の指で揉み解すイメージです。 以上が、上手な育毛剤の使い方です。今晩から早速試してください。