【生える喜び比較】

世代別、抜け毛の対処法

10代で薄毛に悩んでいる男性も居れば、40代で薄毛に悩み始める人も居ます。
男性であればいつ髪の毛の問題で悩み始めてもおかしくはないのですが、
年代によって対策も変わってくるので注意が必要です。
そこで今回は、世代別の抜け毛対策をまとめたいと思います。

基本は一緒で、育毛剤に対する考え方を変える

大まかな結論を先に言いますが、
いつ薄毛の問題が始まったとしても、生活習慣の改善は必須ですが、
育毛剤に対するスタンスは年代によって少し考える必要があります。

  • 1. 10代から20代前半は生活習慣の改善を基本に
  • 2. 20代後半から30代は生活習慣の改善をベースに、頭皮環境改善の育毛剤を利用し始める
  • 3. 40代以降は生活習慣の改善をベースに、AGA対策の本格育毛剤を使用する

1. 10代から20代前半は生活習慣の改善を基本に

10代から20代前半で薄毛に悩む男性は意外に多いです。
もちろん思春期以降は男性ホルモンの影響を受けるので、AGA「男性型脱毛症」の可能性は誰でも高まっていきます。
しかし実際、10代や20代の前半で脱毛が始まっている場合は、生活習慣に問題がある可能性が極めて高いです。

  • ・ 睡眠時間が不足している
  • ・ 偏った食事をしている
  • ・ 喫煙を始めた
  • ・ シャンプーの仕方が乱暴
  • ・ 入学や就職など、ストレスの強いイベントがあった

以上の点に思い当たる節はありませんか? 
睡眠時間が不足すれば、髪の毛の成長に悪い影響が出ますし、
タンパク質やミネラルが不足すれば、髪の毛そのものに必要な材料が体内に不足します。
喫煙は頭皮の毛細血管の流れを滞らせますし、シャンプーの仕方が乱暴だと、頭皮の環境が悪化し、
フケが出て毛穴が詰まるなど脱毛の原因になります。思春期特有のストレスも脱毛につながります。
10代から20代前半の薄毛は、育毛剤を使うよりも先に、生活習慣を劇的に見直してください。

2. 20代後半から30代は生活習慣の改善をベースに、頭皮環境改善の育毛剤を利用し始める

20代後半から30代でも、生活習慣の見直しは必須です。
特に仕事で忙しくなる年代なので、生活が不規則になり、食事も偏り、
運動不足やストレスで体にかなりの無理がかかります。

そういった状況では自然に抜け毛も増えるので、
大前提として生活習慣を改善する必要があります。その上で、育毛剤を利用し始めるといいです。
冒頭のランキングに掲載したような、AGAを克服する本気の育毛剤もいいですが、
もっと気軽で値段の安い、血行促進や清涼感を目的とした育毛剤でも構いません。 マッサージ、禁煙、運動なども並行して開始してください。

3. 40代以降は生活習慣の改善をベースに、AGA対策の本格育毛剤を使用する

この世代になるとAGAによる脱毛が本格化します。
男性ホルモンの影響で、生え際がM字型にはげ上がったり、頭頂部がO型に薄くなったり、
その両方が起きたりといろいろな脱毛症が始まります。

10代、20代、30代に勧めた生活習慣の改善は大前提として、
AGA対策では冒頭のランキングに示したような本格的な育毛剤の使用を開始してください。
医師に相談してもいいですが、健康保険が効かないので全額自費負担になります。
毎回の受診で2万円近くのコストが掛かるので、子どもの教育費など出費が多い40代以降の世代には厳しいと思います。

同程度の効果が現在の育毛剤は期待できます。
AGAの克服はまず育毛剤の使用
から検討してみてください。
仮に何も変化が無いようなら医師に相談する、その流れを意識すると効率的で経済的です。