【生える喜び比較】

セルフチェック! あなたの薄毛は何型?

バランスの良い食事を心掛けたり、育毛剤を使ったり、
頭皮のマッサージをしたりと、育毛の方法はたくさんあります。
その幾つかを既に実践している方も居るかと思いますが、対策を講じる前に
ご自分の薄毛や抜け毛がどんなタイプなのか見極めなければいけません。

基本的に育毛剤やマッサージが効く薄毛は、AGA「男性型脱毛症」だけです。
AGAでない場合は、医療機関で診てもらうなど、他の対策を考えなければいけません。
そこで皆さんの脱毛や薄毛がどんなタイプなのか、以下の情報を基にチェックしてください。

M/U/O/混合型の薄毛は、AGAの可能性が高い

ご自分の頭を鏡でじっくりと眺めてみてください。

「まだまだ薄くはなっていない」

と、現実を認めたくない気持ちも分かりますが、正しい対処法はご存じの通り、
現状の正確な把握からしか見付かりません。薄毛や脱毛にもいろいろなタイプがあるので、
自力の対策が可能なAGAかどうか最初に見極め
てください。

AGA「男性型脱毛症」は、見た目として分かりやすい特徴があります。
年齢が中年と呼ばれる年代に差し掛かっており、なおかつ脱毛が、

  • 1. M字型
  • 2. U字型
  • 3. O字型
  • 4. 混合型

以上のパターンで進行していたら、AGAの可能性が高いです。

1.M字型

生え際がM字型で後退していくパターンです。
前髪のそり込みの部分から後退していくので、正面から見ると生え際がMのようにはげ上がっていきます。
前髪で隠せるので普段は問題ありませんが、風が吹いたときなどは前髪がめくれ上がって、
かえって後退が目立つといった特徴があります。

2.U字型

M字型のように、そり込み部分だけが抜けるのではなく、
生え際全体がはげ上がっていく脱毛パターンになります。生え際を正面から見ると
逆さUの字のように後退していきます。
U字型は隠そうと思っても、後ろや横から無理やり髪の毛を持ってくる必要があるので、
非常に不自然な印象になります。

3.O字型

生え際ではなく、頭頂部がはげ上がっていくパターンになります。
肉食中心の欧米人に多い型になります。
動物性食品を摂り過ぎると、O字型のはげになる可能性が高くなります。
自覚症状がある場合は、食生活を改めてください。

4.混合型

M字型とO字型が一緒に起きている人や、U字型とO字型が同時進行している人を混合型といいます。
この手の脱毛は非常に進行が早いので、自覚症状がある場合は一刻も早く動く必要があります。

M/O/U/混合の脱毛症は望みがある

AGA「男性型脱毛症」は、毛の成長サイクルが短くなり、太く長い毛が生えなくなる点に最大の問題があります。

成長サイクルを邪魔している男性ホルモンを育毛剤で抑え、
髪の毛を作る栄養素(タンパク質)を効率良く体の内外から摂取すれば、
再び産毛が太く長く成長する可能性がかなりあり
ます。
冒頭の育毛剤ランキングなどを参考にしながら、すぐに動き始めてください。

ちなみに円形脱毛症やフケによるひろう性脱毛症、自分の髪の毛を抜いてしまう抜毛症などは、
医療機関で受診をしてください。
食生活の見直しや育毛剤の使用では、改善していかない可能性が高いです。