【生える喜び比較】

育毛剤を使う前に抜け毛のことをしりましょう!

抜け毛と言っても、その原因はいろいろです。
多くの男性は抜け毛の原因を何となくご存じかとは思いますが、
正しく把握している人は意外に少ないのではないでしょうか?そこで今回は、抜け毛はどうして起こるのか、
また、抜け毛にはどういった種類があるのか、まとめてみたいと思います。

抜け毛は主に、3種類に分かれる

結論から先に言いますが、抜け毛は大まかに3つのタイプに分けられます。

  • 1. 遺伝・男性ホルモン型
  • 2. 体調不良・病気治療型
  • 3. 生活習慣型

1:遺伝・男性ホルモン型

男性の薄毛で最も多いパターンが、この遺伝・男性ホルモン型です。
最近ではAGAという言葉をよく耳にするようになりました。
AGAとは日本語にすると「男性型脱毛症」になります。
男性ホルモンや遺伝が関係して、男性の髪が薄くなっていくパターンです。

AGAは、髪の毛が完全に抜けてしまうというよりも、
髪の毛の成長サイクルが短くなり、しっかりとした毛が生えなくなる症状
が一般的です。
逆を言えば、育毛剤などで正しい対処をすると成長サイクルが回復して、
髪の毛が太く長くなり、再び髪の毛の印象が再び黒々としてくる可能性が高いのです。

AGAの薄毛は、進行型なので放置しておけば悪化します。
一刻も早く育毛剤の使用と、睡眠時間の確保・食事制限・禁煙・ストレス減少など、
生活習慣の改善に取り掛かってください。

2:体調不良・病気治療型

体調不良や病気の治療で脱毛が起こる場合があります。最も有名な例は、

  • ・円形脱毛症

ではないでしょうか?
円形脱毛症は、過大なストレスなどが引き金になり、
自己免疫機能が崩れるときに起こると分かっています。また、

  • ・ ひこう性脱毛症
  • ・ 薬剤による脱毛

の場合もあります。ひこう性脱毛症とは、
フケが増えて毛穴が詰まり、髪の毛の成育が悪くなる症状です。
薬剤による脱毛は、抗がん剤治療などで起こります。

3:生活習慣型

ポニーテールのような髪型を日常的に行なっていると、
髪の毛の根っこがストレスを受けて脱毛
が始まります。

遺伝・男性ホルモン型であれば、すぐに対処を

円形脱毛症や抗がん剤治療による脱毛などは、
医師との相談で治療を行なうしかありませんが、AGAであれば自己流でも今日から対処できます。
生え際や頭頂部に男性ホルモンが増えてしまっています。その動きを抑えるべく、
睡眠や食事の改善、生活習慣の改善に加えて、AGA対策用の育毛剤を使用してください。

AGAは放っておけば止まるといった種類の脱毛ではありません。
早ければ早いほど悪化を食い止められるので、すぐに対処を開始してください。